企業情報のイメージ

企業情報

先輩社員のインタビュー

髙崎 涼子の写真

髙崎 涼子

品質保証部品質保証課
2017年入社
国際環境工学研究科環境システム専攻

現在のしごと内容を教えてください

髙崎 涼子の写真

私が主に携わっている業務は製品の検査です。中でも、理化学検査を担当しています。出来上がった製品をサンプリングし、製品ごとに取り決められているpH測定や、糖組成分析、固形分測定、着色度といった項目について出荷基準を満たしているか検査を行っています。製品の種類や形態ごとに検査内容は変わりますので、業務として行っている検査項目は多岐にわたります。そのため、製品ごとの規格や使用する分析機器の使い方、メンテナンス方法など覚えなければならないことも多く、日々勉強の毎日です。お客様に出す書類を作成する際などは、誤った分析結果を出すことがないように特に気を付けています。

入社したきっかけは?

私は、生まれ育った九州で食品に関わる仕事がしたいという思いのもと就職活動を行っていました。中でも、市場に出回る製品ではなく、材料として使用される製品に関わることはより多くの最終製品に関わることが出来ると思いとても魅力的に感じていました。そんな中で当社のことを知り、経営理念や人財育成に力を入れていることに魅力を感じ、この会社に入社したいと思いました。

どのような点にやりがいを感じますか?

品質保証部は、製品が世の中に出る前の最終チェックを行っている部署です。全ての検査は安全な製品をお客様に届けるという目的のもと行われているため、小さな異変等に気付くことが出来ると製品の品質を高めることが出来たのだとうれしく思います。検査業務を通して、安全な製品をお客様に届けることが会社への貢献に繋がると考えているので、日常の検査業務にやりがいを感じています。現在は水飴製品の検査業務を主に行っているので、今後はその他の製品検査方法についても覚えていきたいです。

最後に一言

就職活動はつらいことやきついことがとても多いと思います。しかし、就職活動は自分自身や社会のことを知る絶好の機会です。妥協することなく、満足のいく結果が得られるよう頑張ってください。

『採用情報』へ戻る