企業情報のイメージ

企業情報

先輩社員のインタビュー

柳田 龍星の写真

柳田 龍星

糖化製造部コーンスターチ課
2017年入社
工業化学科 卒

現在のしごと内容を教えてください

柳田 龍星の写真

トウモロコシを原料に機械を使い澱乳(澱粉)、胚芽、外皮、タンパクに分離して、それぞれを製品にしています。私は、トウモロコシから澱乳を分離し、分離した澱乳を本社工場に送ったり、澱乳を乾燥させドライコーンスターチという製品を製造したりする工程を担当しています。周りの先輩から教えてもらいながら業務を覚えていくのですが、本社工場へ澱粉を送る際にもお客様に送るような気持ちで少しでもきれいな澱粉を送るようにと指導されています。澱粉の中にはわずかにタンパクが含まれています。コーンスターチ工場ではそれを分離し製品にしていきますが、本社工場では、製造工程内で除去する必要があるからです。

入社したきっかけは?

学生の頃に工場を見学したことがきっかけで当社に興味を持ちました。当社について調べると、地元である鹿児島にとても貢献しているということを知りました。就職先を探しているとき、学校からははじめに県外の企業を薦められたのですが、生まれ育った鹿児島で働きたいという思いがあり当社を紹介していただきました。当社には白眉実践塾という社内学校があり、ここでは専門的なことを学べる環境があると聞き当社に入社しようと決めました。

どのような点にやりがいを感じますか?

私は今、ウエットミル工程の担当者として仕事をしています。工程担当者は澱乳を脱水し乾燥させ、ドライコーンスターチという製品を製造しています。水分の調整を機械の温度設定を変更することで行うのですが、先輩方のようにうまく温度調整ができずアドバイスをもらいながら行っています。自分一人で規格内の製品を製造することができた時やりがいを感じます。今後はより良い品質の製品を製造するためにも、工場運転中にトラブルが発生しても臨機応変に対応していけるようになりたいです。

最後に一言

色々なことがあると思いますが、何か一つ自分の中で目標を立ててお互い頑張りましょう。

『採用情報』へ戻る