企業情報のイメージ

企業情報

先輩社員のインタビュー

東 悠亮の写真

東 悠亮

糖化製造部 生産技術課
2016年入社
水産学部水産学科 卒

現在のしごと内容を教えてください

東 悠亮の写真

主に工場内の工程改善や新規設備導入の業務を行っています。工程改善は、工場内にある設備を見直し改善していくこと、新規設備導入は、その名の通り新しい設備を工場内に取り入れます。どちらも生産性の向上やコストダウンを目的としており、先輩から「利益を動かす課」と教わりました。
現在は、現場の仕組みを知り改善の質を向上させる為に、糖化製造二課二係で1年間の現場研修を受けています。実際に直勤務に入り(夜勤も行っています)、私が現場で学んだ全てを1年後の改善業務に活かす為、日々業務に励んでいます。

入社したきっかけは?

大学院へ進まれた先輩と就職活動に携わっていた先生に「鹿児島の企業に就職したいのですが、どこがいいですか?」とそれぞれに相談した際に「日本澱粉工業がお勧めだよ」と返事が返ってきました。鹿児島の企業に対してあまり知識がない状態だったので、就職活動を経験されている先輩方のアドバイスはとても心強く、後押しにもなりました。その時から当社のことをホームページで調べたり、すでに内定が決まっていた学部の先輩などにお話しを伺ったりしていく中で当社のことに関心を持つようになり入社したい想いも強くなっていきました。

どのような点にやりがいを感じますか?

やりがいを感じる場面は多く、工場実験をした際に思った通りの結果が得られた時や、現在取り組んでいる業務が次のステップへ進んだ時、身近な出来事では「報告書の内容が入社当時と比較して良くなっている」と上司から褒められ自分の成長を感じた時などです。このように感じられる理由の一つとして、自分主体で考え行動する様に上司の方々がアドバイスをくださるからだと思います。私が困った時や悩んだ時は、すぐに上司に相談し次にどう動くべきかを指示してもらえるので仕事を進めていく上で「次に何をすればいいんだろう?」と一人で悩んだままという事はありませんでした。その積み重ねが私自身のやりがいに繋がっていると思います。

最後に一言

約1年間当社で働いてみて改めて入社出来たことをすごく誇りに思っています。選択肢の一つとして、当社を視野に入れて就職活動を頑張ってください。

『採用情報』へ戻る