企業情報のイメージ

企業情報

サナスの歴史

昭和10年代-30年代

日本澱粉工業株式会社創業

サナスは昭和11年に日本澱粉工業株式会社として創業しました。創業当初は鹿児島県の特産である甘藷を原料として年内に7工場(鹿屋、古江、栗野、伊集院、川辺、知覧、小林)を建設し澱粉製造を開始しました。その後、鹿児島県と宮崎県の一部に跨り次々に澱粉工場を建設していきました。

水あめ製造の開始、戦災による工場の移転

昭和12年より甘藷を原料とした水あめの製造を始め、鹿児島市築町(現在の名山町)に工場を構えると澱粉飴の製造を始めました。しかし、昭和20年6月の鹿児島大空襲により工場は甚大な被害を受けることとなります。戦後に工場の復興に邁進する中、戦時中に航空機製作のため軍管理工場として活躍していた工場跡地が地元企業へ譲渡されることとなり、当社は約18000坪の敷地の譲渡を受け、工場を原良町へ移転し工場を復活させることができました。

サナスの歴史(原良工場)原良工場

はるさめの製造開始

昭和23年から原良工場の一角ではるさめの製造を開始。製造開始当初は現在のようにマニュアル化、機械化されているものではなく職人の手作りで作られていました。その後昭和38年に工場を新栄町へ移転、同年に押出式春雨製造技術の開発に成功、それまで九州を中心としていた販売エリアが全国へ拡大し当時冷凍春雨として生産量日本一を達成するまでに成長しました。

昭和40年代-昭和63年

原良から南栄へ苦境の中での工場移転

昭和40年代、創業時より製造していた甘藷澱粉の生産減少、ぶどう糖の販売減少、昭和36年から乗り出していた屋久島での製糖事業の苦戦等により会社の経営状況は危機的状況に陥っていました。しかし、その中で本社工場を原良町から鹿児島市臨海工業地帯二号用地(現在の南栄)へ移転。移転は、海陸輸送の便、工場環境を考慮したものでしたが、経営環境が厳しい中での再建を賭けた事業でした。工場建設は旧工場を操業しながら既存の設備を最大限に利用しながら進められ、およそ2年の建設期間を経て現在の南栄工場が稼働したのです。

本社

漬物の製造開始

昭和47年、甘藷澱粉を製造していた頴娃工場のあった頴娃地区、知覧地区では干し大根の生産に力を入れ出していたことや、工場からほど近い山川地区では古くから干し大根を使用して作られる山川漬けが名産であったこともあり、頴娃で稼働していた澱粉工場を新たに漬物工場に業態転換し製造を始めました。昭和58年に発売した「きりっこ」は当時は珍しくたくあんを薄くスライスした商品であり、パリパリとした特有の食感が好評となり現在も続くロングセラー商品の一つとなっています。

サナスの歴史(漬物工場)漬物工場

コーンインダストリーへの進出

事業開始当時から甘藷澱粉を中心として糖化事業を展開していましたが、国内産澱粉の減少の代わりにコーンスターチが国内の澱粉を占めるようになっていました。当社では昭和57年に南栄の本社工場近くにコーンスターチ工場を落成しコーンインダストリーへ進出しました。

サナスの歴史(コンスターチ工場)コーンスターチ工場

TPM活動キックオフ

創業50周年を機にTPM活動(Total Productive Maintenance)を導入しました。活動開始当時のTPM活動は業務の効率化や工場のオートメーション化、人の育成を進めることを主に活動を開始しており、活動開始当初から導入している改善提案制度は現在も続いています。

サナスの歴史(TPMキックオフ大会)TPMキックオフ大会

平成元年~現在

TPM21活動キックオフ、白眉実践塾の開校

年々厳しさを増す経営環境の中、コスト競争力の強化が急務となっていました。そこで、「会社は人である」「変革と創造」の経営方針の基、社員全員による改善活動が必要であるという考えから、平成13年にTPM21(Total Productive Management)活動をキックオフしました。また、課題・問題を解決するためには4M (Man:人) (Machine:機械) (Material:材料) (Method:方法) に関連する知識が必要であると考え、私塾「白眉実践塾」を開講しています。白眉実践塾では「生産に関わる社員全員の設備に関する知識・技能を高めること」「やればできるという達成感を味わい、技能を設備改善や工程改善に繋げること」を狙いとしています。

サナスの歴史(白眉実践 伝達教育)白眉実践 伝達教育

機能素材事業への進出

平成8年に食品用加工澱粉を中心とした販売を目的として機能素材事業を開始しました。事業開始当初は食品用加工澱粉の仕入れ販売を中心としていましたが、当社で独自開発した、機能性糖質アンヒドロフルクトースの製造販売や甘藷澱粉、増粘多糖類、増粘多糖類を利用した嚥下補助食品等品ぞろえを幅広く増やしています。また、平成24年には加工澱粉の製造販売事業を展開している朝日化学工業㈱とタイアサヒをサナスグループとし、新たにα化澱粉、油脂加工澱粉も商品群に加えています。

サナスの歴史(アンヒドロース)アンヒドロース

コーポレートブランド、社名の変更

自社商品及び「日本澱粉工業株式会社」という会社のイメージアップを図り、販売ネットの構築・強化に取り組む地盤を作るため、平成11年にこれまで使用していた「寳星」に代わり新ブランド「サナス」が誕生しました。自然と健康とゆたかな未来がテーマとなっており、[SUN=太陽]と[US=私たち]の深い結びつきという意味も含んでいます。そして、平成29年4月よりブランドであった「サナス」を社名としました。社名の変更はブランド立ち上げ当時からの思いと積極的な事業展開を図りたいという思いから変更に至りました。これからもサナスは日本澱粉工業からの歴史を受け継ぎ時代のニーズに応え続ける企業を目指していきます。

サナスの歴史(サナスロゴマーク)サナスロゴマーク