先輩インタビュー
INTERVIEW

R.K
品質保証課
2019年入社
工業化学科卒

現在のしごと内容を教えてください

R.K

 主な業務は、お客様に出荷する製品の品質検査です。品質検査を通してお客様に安心・安全な製品をお届けしています。コーンスターチや水飴、果糖ぶどう糖液など様々な製品の中で、私は果糖ぶどう糖液糖の検査を担当しています。  品質検査は、着色度や成分など、多くの項目を様々な機器を使用して測定します。そして、検査後には製品の安全性・規格に適合しているかをお客様に伝えるための試験検査成績書を作成します。成績書はお客様によって様式が異なります。 使用する機器のメンテナンスも公的機関の検定合格品を使用して定期的に行っています。日常点検を行い異常がないかを確認してから検査で使用しています。

入社したきっかけは?

 私は、昔から食べることが好きだったので、食に関わる仕事に就きたいと思っていました。高校では、工業化学を専門に勉強していたので、学んだことを活かせる仕事に憧れもあり、どちらを優先するか悩んでいた時期に、学校の先生の勧めでサナスを知りました。  水飴や春雨、誰でも馴染みのある清涼飲料水に含まれる果糖ぶどう糖液糖などを製造しているサナスでは、人の食に関わる仕事ができるのではないかと思いました。  品質保証課での仕事は、最良の品質を守る重要なポジションであることを知り、少し不安もありましたが、魅力を感じ、サナスに就職を決めました。

どのような点にやりがいを感じますか?

 入社してからまだ期間は短いですが、様々なことを学ぶことが出来ました。難しいことや分からないこともまだ多いですが、とてもやりがいを感じる仕事です。正確な分析が行える検査員を目標に、これからも頑張っていきたいです。

最後に一言

 入社してからまだ期間は短いですが、様々なことを学ぶことが出来ました。難しいことや分からないこともまだ多いですが、とてもやりがいを感じる仕事です。正確な分析が行える検査員を目標に、これからも頑張っていきたいです。

ワークフローに戻る 

PAGETOP