先輩インタビュー
INTERVIEW

R.F
糖化製造二課
2019年入社
工業化学科卒

現在のしごと内容を教えてください

R.F

 私は糖化製造部糖化製造二課に所属しています。医薬マルトース及びアンヒドロースの製造を担当しており、現在は一人の先輩に付いて製造工程や業務を教わり、夜間勤務も行っております。  医薬マルトースとは、医薬品に使用される原体(原料)です。医薬マルトースの原料となる液を樹脂に通し、濃縮させ、脱水を経て粉末状にします。その中でpH測定などの記録に漏れがないようにと指導されました。なぜなら、pH測定が基準外だった場合、製造したものが製品として出荷できなくなるからです。今後も記録手順に沿って正しく記録を取ること、異常があった際に直ちに上司へ報告することを意識して業務に取り組んでいきます。

入社したきっかけは?

 地元の鹿児島で働きたいという思いがあり、地元の就職先を調べていると、当社が目に留まりました。どのようなことをしているのだろうと興味を持ち調べてみると、当社が食品工場であり、普段目にする清涼飲料水や菓子類などの甘味料を製造していることを知り、人々の生活と深い関わりがあることを知りました。  職場訪問に行った際には、当社のホームページだけでは知り得なかった、どのようにして原料から製品ができるのかについて詳しく知ることができ、当社に入社したいという気持ちが強くなりました。

どのような点にやりがいを感じますか?

 私の所属している糖化製造二課では、一人で行わなければならない業務も多いです。私は現在教育中であり、先輩に付いて業務を行っています。業務を任されたとき、前回できなかったものが先輩方にアドバイスをいただき、業務が上手く行うことができたときは、とても達成感を感じます。また、工場の配管同士のつながりや、それぞれのポンプの役割を学び、業務とのつながりが分かることもやりがいに感じます。

最後に一言

 まだ私にも分からないことが多いですが、一日を大切にして、分からなかったことはその日のうちに理解できるように頑張っていきたいです。

ワークフローに戻る 

PAGETOP