先輩インタビュー
INTERVIEW

U.S
品質保証課
2019年入社
工学部 化学生命工学科卒

現在のしごと内容を教えてください

U.S

 品質保証課の仕事は、原料から製品までの品質を評価し、お客様に製品の安心・安全を届ける仕事です。  その中で私は、原料や製品に対し、微生物検査を行っています。検査は主に直接検鏡検査と微生物培養検査を行います。検査は、無塵衣とヘアネットを着用し、クリーンルームで行います。また、製造工程で使用される水や工場内の環境を検査する仕事も行います。検査後は、検査結果をお客様へ届けるために微生物検査成績書を作成します。検査に使用する天秤や恒温器などの機器は、常に精度が維持されている必要があるため、機器の校正も行います。

入社したきっかけは?

 小さなころの私は、工場見学のテレビ番組が好きで、将来は工場で働きたいと漠然と考えていました。  就職活動では、将来に続く強みを持つ会社であること、入社後の人材育成が行われていることを重視していました。就職活動を通して、サナスは、九州で唯一の澱粉・糖化一貫メーカーで、食品に欠かせない製品を製造していること、他社にはない機能性食品を製造していること、白眉実践塾や自己啓発の通信講座などで人材育成が積極的に行われていることを知りました。  私は、就職活動で重視した点に当てはまり、小さなころの夢であった工場で働くことができると考え、サナスに入社しました。

どのような点にやりがいを感じますか?

 品質保証課では、お客様が求める品質を満たした製品のみを工場からお客様に出荷する、安心・安全をお客様に届ける、という責任を持ちながら仕事へ取り組みます。自分が行った検査の結果がそのまま製品の証明としてお客様に届けられます。そのため、日々の仕事で大変と感じることもありますが、お客様に製品が問題なく届けられたときにやりがいを感じます。  また、当社製品が入っている商品をスーパーマーケットなどで見かけたときや、その商品を手に取る人を見たときに、製品が多くの人に渡っていること、製品をより身近に感じることができ、やりがいを感じます。

最後に一言

 就職活動中は、就職先や入社後に対し、いろんな不安があると思います。見学や説明会、インターンシップにたくさん参加し、一つでも多くの会社を自分の目で見て知ることが大事だと就職活動を通して私は思いました。  その中で、サナスを就職先として選んでいただけると幸いです。お待ちしております。

ワークフローに戻る 

PAGETOP